慰安婦

韓国人は日本人に対するコンプレックが強すぎるのだろう。

もともと自分達は大国中国にくっついて、日本よりも文明が進んでいると思い込んでいたのが、明治維新後の日本に追い越された事実を受け入れがたく、何とかして日本の弱みと思われるところを責めて心のバランスを取りたいようにしか思えない。

韓国人は自分達で独立を勝ち取った記憶もなく、今の南北朝鮮の状況も当時の世界情勢に翻弄された結果であり、自国に対するプライドを保つ拠り所が見つけられないのだろう。

そこで第二次世界大戦敗戦国である隣国日本の戦時中の罪をいつまでも追及しつづけることで日本からの被害者として、そして戦争の勝者である連合国側の立場を取りつづけたいのではないかと思えてしまう。(そもそも日本との戦争責任については日韓基本条約で解決したはずであり、また戦争への反省は日本国民自身の問題)

 

たぶん、慰安婦の問題にしても韓国人自身が日本人に対するコンプレックスを克服するのを待つしかないのだろうが、彼らが日本に対してライバル心をむき出しにして拘っていることが、いかに自分達を小さいものに貶めて進歩がないことに気づくまでは難しいだろう。

 

広告を非表示にする